BLOG

12人の優しい日本人。

映画「12人の優しい日本人」を観ました。


もしも、日本に「陪審制」があったらという設定で描かれている映画。
すっごい面白かった。
もともとは映画ではなく、舞台の物語らしい。
今だと、日本には「裁判員制度」があるからなんとなくイメージできるけれど、舞台の初演が1990年で、当時日本に「陪審制」がなかったから想像するのが難しかったんじゃないかな。

舞台は観たことないけれど、きっと、舞台の平面さの面白さに加えて、に立体感があるんだろうなと思った。
舞台でも観てみたい。

< 前のページに戻る